陰部が黒ずみ女性はコノ対策

デリケートゾーンの黒ずみは女性には、かなり嫌われものと言えるでしょう。
この黒ずみは、いくつかの理由で姿を現します。
ここでその理由と原因を徹底的に見てみましょう。

 

第一の要因はメラニン色素

メラニン色素は誰の身体にもありますが、普段はおとなしい悪魔です。
メラニン色素はシミの原因になるというのが通常の認識ですが、
メラニン色素がデリケートゾーンで生成されるのが黒ずみです。

 

つまり何でもなかったメラニン色素が悪魔に変身するのですが、
実は悪い意味の悪魔ではなく、皮膚を刺激から守ろうとするのです。
この場合の刺激とは、摩擦が主ですが、紫外線なども刺激になります。
そして、摩擦による刺激とはショーツとの接触などが主になります。

 

第二の要因はターンオーバー

ターンオーバーとは新陳代謝で、新陳代謝とは細胞が古いものから新しいものに入れ替わることです。
約28日間のサイクルでデリケートゾーンの皮膚は角質細胞になり、
垢のような汚れとして排除され、そこに新しい皮膚が生成されます。

 

このターンオーバーがスムーズにおこなわれないと、
メラニン色素が出てきて、それが沈着するので黒ずみになります。
ちなみにターンオーバーの作用は加齢でだんだんと低下します。
そしてデリケートゾーンの黒ずみ以外にも、肌のくすみや皺の原因になります。

 

第三の要因はホルモンバランス

ホルモンバランスの乱れはターンオーバーの乱れを引き起こします。
なお、ホルモンバランスが乱れると、生理不順をはじめとするさまざまな変化が起きます。
女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)と、プロゲストロン(黄体ホルモン)があり、
これらのホルモンの働きで、約28日周期の生理があります。

 

黒ずみと関係するのは、プロゲストロンで、このホルモンはメラニン色素の働きを活性化します。
したがって、ホルモンバランスが正常ならいいのですが、これが崩れると
デリケートゾーンには黒ずみとなって現れます。

 

黒ずみ対策のショーツの条件

デリケートゾーンの黒ずみは陰部の肌に刺激があると、
それを察知して体内からメラニンが刺激防御のために分泌され、
それが陰部の肌に沈着するのが原因のひとつです。

 

綿製あるいは絹のショーツ

そこで陰部に摩擦による刺激をなるべく与えないようなショーツがおすすめで、
たとえば素材は綿や絹にして、ポリエステルなどは敬遠しましょう。
つまり、オーガニック綿や絹で、透湿性に勝れたものが陰部への刺激が少なくなります。

 

ショーツで陰部を締めつけない

また、腰などを締めつけない、できればゴムを使わないショーツが良く、
たとえばレースの締め付けないゴムのものを選びましょう。
オシャレをしたい時はショーツの両端を紐で結ぶタイプなどなら良いでしょう。

 

少し大きめのサイズにする

ショーツがぴっちりし過ぎると、どうしても陰部との摩擦が増えますから、
少し大きめのサイズで、動いても締め付けないものがおすすめです。

 

黒ずみ対策ショーツのまとめ

以上、黒ずみにならないように、
つまり陰部の肌への刺激をなるべく与えないショーツの条件を簡単に述べました。

 

しかし、どのようなショーツでも多少はどうしても陰部との摩擦はあります。
そこで、朝などにデリケートゾーンをきちんと保湿しておくことをおすすめします。
保湿していれば、摩擦での刺激が緩和されますから、黒ずみができることはないでしょう。

 

されに言えばいわゆるノーパンがショーツと陰部の摩擦という点では一番いいのですが、
今度は陰部が乾燥したり、外部からの雑菌が陰部に付着するリスクがあります。

 

また、何かあったときには恥ずかしい思いをしないともかぎりませんから、ノーパンは考えものです。
陰部 黒ずみ 対策